ビル

武相荘に学ぶ、住まいのあり方

事務仕事

住まいに関して、投稿させていただきます。よろしくお願いいたします。

私は不動産関係の職業経験があり、賃貸住宅をいくつも見てきました。
お客様からは賃料・日当たり・利便性など様々なご要望がありますが、全てを兼ね備えるお部屋はちょっときびしいです。

そんな中で、東京町田市に「武相荘」というお屋敷があるのでご紹介させて下さい。
武相荘は白洲次郎さんと白洲正子さんご夫妻が終の棲家となさったお家です。白洲次郎さんはNHKでも取り上げられました。英国へ留学し、特にプリンシプル(原理・原則・主義)という概念に共感した方です。
一方、白洲正子さんは著述家であり、優れた審美眼を持っていたことで知られております。現在この武相荘は、ご遺族に守られ一般公開されております。私は興味があり見学をしてきました。

お屋敷は古民家に近く、白洲さんご夫妻のイメージからはとても質素に感じられました。
その中で住まいに関して、ご夫妻のお考えが書かれておりました。私なりの解釈を交えて要約すると「生活する上でいずれライフスタイルが変わるのだから、住まいに私たちが合わせる」ということです。

私が子供の頃は、ベッドがありませんでした。夜、布団を敷き、朝、布団をあげると空間が生まれます。今度は卓袱(ちゃぶ)台を出し、朝食を食べます。食べ終わると足をたたんで収納し、再び空間が生まれます。

こんな風に1人暮らしの方、ぜひ自分なりの工夫をなさってはいかがでしょうか?
私はネット上で、押入れを改造しベッドはもちろんPCを収納し書斎を作っている画像を見ました。とても素敵な空間でした。
ご不自由はあるかと思いますが、工夫次第できっと今より素敵な居住空間になると思います。
ご参考にして頂ければ幸いです。ご一読ありがとうございました。

パソコン

不動産の間取りは悩みどころ

ようやく本格的に春になってきたなぁという気候になってきましたね。新生活をスタートさせたという人も多いのではないでしょうか。新生活で故郷を離れて心機一転という人もいれば、もしかしたら最近では故郷に戻って地元の活性化に貢献する!という人もいるかもしれませんね。いろいろな人がそれぞれの思いを胸に引越しをするわけですが、ようやく引越しラッシュも落ち着いてきた頃…

もっと読む

CHOICES ARTICLE

新築マンション居住歴10年にして思うこと

眼鏡の男性

「マンションと一軒家、住むならどっち?」ーーこの結論は結局、個人の生活スタイルや価値観に負うところが大きいので、一概に言うことは難しいかと思い…

もっと読む

武相荘に学ぶ、住まいのあり方

事務仕事

住まいに関して、投稿させていただきます。よろしくお願いいたします。 私は不動産関係の職業経験があり、賃貸住宅をいくつも見てき…

もっと読む

NEW INFORMATION

2017/08/21
不動産の間取りは悩みどころを更新しました。
2017/08/21
賃貸住宅へ引っ越したら真っ先にすることを更新しました。
2017/08/21
武相荘に学ぶ、住まいのあり方を更新しました。
2017/08/21
新築マンション居住歴10年にして思うことを更新しました。